2007年05月09日

久しぶりに・・・

今日、少しだけ時間があったので
エコロジャパン四国に 来て見ました。

いろんな事が いっぱい有りました。

「犬まつり2007」
を 開催する為の 
スッタフ会議、準備、皆へのお知らせなどで
バタバタしていました。
何にも無いところから 始めるのです。
道具も 人間関係も 全て一からです。
皆、必死でした。

なのに・・・

前夜からの雨の為
5月6日の早朝、

「グランドが 使用不可能」

中止に なりました。
「こまち」などに
「犬まつり2007」の連絡先が
私の携帯しか 出ていなかったので
朝から 電話応対が大変でした。
スタッフも
 
「このままでは 終わりたくない!」

と 言う事で
6月17日に 会場がキープできたら
再チャレンジを したいと
今 動き出しました。
また 雨だったら 今度は秋に なります。


4月10日、家族が増えてしまいました。
朝、ゴミ捨てに行く時に
お向かいの病院の駐車場で
学生達が 何かをしている様でした。
学生の足元には 何やら茶色の足が・・・

「迷子かな?」

ゴミ捨てから 帰ってみると
もう 誰も居ませんでした。

「学生に付いて行っちゃたのかな?」

ホッとしながら 我が家に入ろうと振り返ると

「居た!」

茶色の足の持ち主は
我が家の庭で うずくまっていました。
でも 何か様子が 変です。
どうも 目が見えていない様子です。
きっと 学生達はあの時
この犬の身を心配して 相談し、

「この家なら何とか してくれるだろう。」

と 全員一致で 我が家に運んだのでしょう。
この子は 左目の眼圧が上がり
顔自体が 晴れ上がってしまっています。
それが 原因になったのかどうかは 解らないけど
脳の方にも障害が出ていて
同じ所を 左回りにくるくると 回る事しか出来ません。
体は「広島DP」の犬の様に ガリガリです。
こんな状態の子は 間違いなく

「捨て犬」

です。
茶色の 小柄な柴のお婆ちゃん犬です。
行政にも 連絡をしました。

「引き取りに行きますから 住所を・・・」

「そちらに渡してしまったら 
 この子がどうなってしまうか位は 知っています。
 この子は 私が面倒を見ますから
 もし 探して居る人がいたら 連絡をください。」

私は この子の人生(犬生)の
最後の最後に 裏切った人が 許せません。
この子の寿命は もうそんなに 長くは有りません。
この子には 人間を信じたまま、大好きなままで
「虹の橋」に 行ってほしいです。
出来れば 我が家の子として・・・

この子は ご飯を食べるのも 水を飲むのも
そして トイレも 人の助けがないと
満足に出来ません。
幸いに 他の子達も すんなりと受け入れてくれたので
感謝です。

「花ちゃん」

と 呼んでいます。
不思議な事が 有りました。
私の声に 初めて反応した時、
くるくるとしか 動けない「花ちゃん」が
50cm位ですが 真っ直ぐに
私に 歩み寄って来たのです。
それからは 私の声には反応してくれています。
14日に 私はA型インフルエンザで 倒れてしまい
仕事は休んでしまいましたが
タミフルとロキソニンを飲んで
犬達の世話だけは ちゃんとしました。
おかげで5s体重が 減ってしまいました。

他にも4月は 警察署で保護されていた
迷子の パピヨンとシーズーを
無事に お家に帰すことが出来ました。

自分の部屋にも パソコンが有ったら
もっともっと 書いて置きたいことが
いっぱい有るのに・・・・
何故か へそくりが溜まらない・・・

サン君の 狂犬病注射の時も
めちゃ 面白かったのに・・・
がんばろ・・・


ニックネーム ecolo at 13:25| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする