2005年07月06日

穏やかな老後

jyenii 001.JPG

ダックス軍団の長老、ジェニーちゃん11歳です。
吾空君のママで マルちゃんのおばあちゃまです。

3歳の時に(ダックス・ブームの前)あるブリーダーさんが
「繁殖の為」に 他のブリーダーさん所から連れてきたこの子を
「子犬を産ます」と言う条件で譲ってもらいました。
譲ってもらったブリーダーさんの言う通りに
 「交配」「出産」へと進んでいきました。
「出産」は帝王切開でした。
(吾空君はその時の子です。)

丸1年あけて 再挑戦。
また「帝王切開」で 今度は腹膜と子宮が癒着、内出血と 
もう少し判断が遅ければ 母子とも亡くなるところでした。
「もう、可愛そう。」
子宮を取りました。

後でジェニーちゃんの元のブリーダーさんから 直に聞いたのですが、

「あの子は 帝王切開じゃないと 産めない子なので
ペットとして渡したのに。」って。

腹立たしさと、知らぬとはいえ 
ジェニーちゃんに残酷な事をしてしまった申し訳なさで 言葉がありませんでした。


昨年、近所でドッグショーがあったのでジェニーちゃんを見せに連れて行くと 
元のブリーダーさんは

「見た目、歳より若いね。大事にされているんだね。」

って撫でてくださいました。

譲ってくれたブリーダーさんは

「まだ生きとったんか。」って。

「あんたもね。」

って よっぽど言ってやろうかと思いました。
本当、ブリーダーにも国家試験と厳しい罰則があればいいのに。


ジェニーちゃんは今 親族にかこまれ のほほんと暮らしています。
    (写真をクイックしてくださいね。)

ニックネーム ecolo at 14:58| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エコちゃんの母さんは本当に犬のこと大事にしているのですね
ブログをみてて愛情があふれているのがよくわかります
国家試験と厳しい罰則という意見は私もいろんな問題が起こるたびに思ってました
 『命があるのよ!』って・・・
ほんとジェニーちゃんはおだやかな顔してます
11歳には思えませんです
Posted by アミィかあさん at 2005年07月06日 16:38
アミィかあさん、ありがとう。
私は この子達にずーと側に 居て欲しい。
いつも 楽しそうな顔を 見ていたい。
それだけなんです。
この世に生まれてきたら すべての者は
「幸せになりたい。」と 願っているはず。
幸せになる、権利はあるはず。
守ってあげられる事が 私の喜びなんです。
なんて ちょっと カッコ つけすぎたかな。
Posted by エコちゃんの母 at 2005年07月07日 18:13
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/20452
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

hot young blonde cheerleaders
Excerpt: <a href="http://www.webstars2k.com/blogs/index.php?u=kalomanew">blonde pretty girl</a> <a href="http://www.webstars2k.com/blogs/index.php?u=kalomanew">blonde star</a> <a href="http://www.webstars2k.com/blogs/index.php?u=kalomanew">naked blondes</a>
Weblog:
Tracked: 2006-05-13 23:57